合格への必勝法

| トラックバック(0)

医学部受験というと、どれほどの時間を勉強に費やせばよいのでしょう。難関といわれる医学部入試。特に国公立大の医学部を目指そうならば、トップレベルの学力を身につける必要があります。

では、どのような勉強法を行ったら、医学部入試に合格する学力を身につけることができるのでしょうか。

医学部合格を目指すためには、意識しなければならないポイントがあります。

まず、どんなものにも大切なことですが、モチベーションを維持することです。医学部を目指す理由は何ですか?その気持ちを忘れないことです。

そして効率的な勉強を心がけることです。医学部生は勉強ばかりしている、というイメージを持っている人が多いかと思いますが、実際は全くの逆で、高校時代から勉強以外にも部活や趣味に精を出している人が非常に多いのです。

これは、最小限の労力で最大限の結果を出せるような勉強の仕方を常日頃から行っているからです。一般的にだらだらと長い時間勉強している人はあまり成績が伸びない傾向にあります。

では、最小限の労力で最大限の結果を出せるような勉強法とは一体どのようなものなのでしょうか?

・ 教科書レベルの知識を大事にする

・ 多くの問題に手をつけるよりも、少ない問題を何度も復習する

の2つが挙げられます。

「教科書レベルの知識を大事にする」

難関大学を受ける受験生ほど疎かにしてしまうポイントです。ほとんどの大学は難問奇問を出題することはせず、標準レベルの問題を短時間に正確に解かせる問題を出題します。従って、教科書レベルの基礎知識を疎かにしないことがとても重要になってくるのです。

医学部に合格する為に実践する事

「多くの問題に手をつけるよりも、少ない問題を何度も復習する」

このことも、多くの受験生が犯すミスです。人は一度見ただけですべてを記憶できるほど賢くできていません。何度も何度も反復演習を繰り返すことによって初めてその内容をマスターできるのです。問題集は冊数よりも、1冊を反復した回数の方が何倍も大事なのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2015年4月21日 11:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「リゾートといえば海ですよね」」です。

次のブログ記事は「杏林大学医学部について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31