自然で美しい肌とは

| トラックバック(0)
自然な肌には常在菌がいまして、その菌が肌を守りガードしてくれています。
その常在菌が心地よく活動できるのが、弱酸性の状態です。

石鹸はアルカリ性で、お風呂の後何もつけないと肌がぱさぱさで辛いのは肌のバリヤーが失われてしまい、肌の水分が蒸発して困ってるタスケテーのサインです。

毎日、強い洗浄力の界面活性剤が入ったシャンプーで髪を洗い、リンスをつけてしなやかに戻します。顔も体も、強力なビューティソープで皮脂を目の敵のようにこそげ落とされます。
これって、本当に必要な事なのでしょうか。

皮膚科のお医者さんに伺いましたところ、そんなに体は汚れないんだよ、との事でした。
では、私たちが毛穴に溜まった皮脂を落として、地肌が痒くなる程毎日シャンプーして、次の日には髪がべたべたすると感じて又洗う、これは自然な事なのでしょうか。

石鹸を止めて、髪は3日に一度、中性のボデイウォッシュで洗いますが、大雪の様なフケは止まり、痒くて堪らなかった地肌はシットリとしています。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年3月 8日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スルメを使ったダイエットがあることをご存知ですか」です。

次のブログ記事は「脱毛サロンは月末になると利益重視よりも総売上を意識」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31